Menu Shopping Cart Search

セクション 2: 黒い髪の成長 & 製品

黒髪は、その乾燥状態が原因で、特別なケアが必要となります。この記事では、切れ毛を最小限に抑えて髪の健全な成長を促進する最良の方法について簡単に説明します。

 

プレシャンプー

週に 1 回、良質なオイルでプレシャンプーします。オーガニック バージン ココナッツ オイルは最良のプレシャンプー剤です。他のほとんどのオイルは髪をコーティングするだけですが、オーガニック バージン ココナッツ オイルは実際に髪に浸透します。このオイルはホット オイル トリートメントのように使用できます。プラスチック キャップをかぶり、加温しない場合は 30 分 (加温する場合は 15 分) 待ちます)。その後、髪に優しいシャンプー剤でシャンプーします。

 

シャンプー

週に 1 回、ESSENTIOUS Exonerate ジェントル シャンプーのような髪に優しいシャンプー剤でシャンプーします。ほとんどの人において、シャンプーして洗い流す回数は1 回のみが適切です。何度も繰り返すと髪が過剰に乾燥し、最終的に切れ毛につながる場合があります。髪を洗うときに頭皮をマッサージします。これは眠っている毛包を呼び覚まし、太い健康な髪の成長を促す効果があります。

プロテイン トリートメント剤と同様に、アプリケーター ブラシを使用して毛先に細心の注意を払いながら保湿トリートメント剤を塗布します。プラスチック キャップをかぶり、フード ドライヤー (中温) で 15 分加温します。今度も、フード ドライヤーの代わりにブロー ドライヤーを使用しないでください。両者の効果は同じではありません。プレシャンプー トリートメントを行った場合は、保湿トリートメントを省略してもかまいません。その場合は、コンディショナーをつけて 5 ~ 10 分待った後、洗い流します。

 

コンディショニングおよびプロテイン トリートメント

コンディショナーには、プロテイン用と保湿およびシーリング用の 2 種類が必要です。あるいは、1 種類のコンディショナーだけを使用し、プロテイン トリートメントのときには卵を加える方法もあります。まず、プロテイン トリートメント剤 (ESSENTIOUS Rejuvenate 強化プロテイン トリートメント) を塗布します。推奨時間が経過した後、メーカーの指示に従って髪をすすぎます。卵トリートメントを使用する場合は加温しないでください。必要に応じて、指示に従って保湿トリートメント剤 (ESSENTIOUS Hydrate コンディショニング トリートメント) を塗布し、終わったら洗い流します。

 

縮毛矯正

縮毛矯正は、シャンプーやコンディショニング トリートメントの効果を高める可能性がある一方で、髪を傷めてすべてのトリートメント効果を台無しにすることもあります。まず第一に、縮毛矯正は月に 2 回以上行わないでください。髪を「ボーン ストレート」にしないように注意してください。そうすると髪の自然な弾力が失われ、切れやすくなります。縮毛矯正を試みる前に髪を診断します。シャンプーして保湿し、加温器具でまっすぐにするだけでよい場合もあります。縮毛矯正が必要な場合は、穏やかな矯正力の矯正剤を選びます。

 

縮毛矯正剤の塗布:

自分では頭全体を見ることができないので、誰かに縮毛矯正剤を塗ってもらうのがベストです。始める前に、頭皮保護剤をたっぷりと手に取り、毛幹全体につけます。ワセリンを使用してもかまいません。保護剤をつけるときは毛先に細心の注意を払います。これは既に処理されている髪を保護するためです。次に、メーカーの指示に従って縮毛矯正剤を塗布します。髪が過剰に処理されないようにするため、必ず指定の時間表に従います。縮毛矯正剤は温水で完全に洗い流します。中和シャンプーで洗って流す工程を少なくとも 3 回繰り返します。それでも縮毛矯正剤の痕跡が髪に残っている場合は、痕跡が完全になくなるまでシャンプーを続けます。縮毛矯正剤の痕跡がなくなったら、もう一度中和シャンプーを髪につけてそのまま 10 分待ちます。中和剤を 10 分間つけたままにしておくことが重要です。このステップは省略しないでください。次に、中和剤を洗い流します。これで、前述したプロテイン トリートメントとその後の保湿トリートメントに進むことができます。

 

日々のメンテナンス

髪は毎日保湿する必要があります。保湿剤には水性と油性の 2 種類が必要です。

 

水性保湿剤は毛幹に浸透し、油性保湿剤は毛幹をコーティングします (そして、髪に水分を封じ込めます)。これら 2 種類の保湿剤を効果的に使用するには、まず水性保湿剤を塗布してから油性保湿剤を塗布する必要があります。そうする理由は、油やその他のペトロラタム、ラノリン、鉱油を含む保湿製品は実際には髪に水分を与えないためです。その代わりに、髪から水分が逃げないように封じ込めます。油性保湿剤は、髪に水分を封じ込めて光沢を与えるためにのみ使用します。油性保湿剤の塗布は、乾燥を抑えるため、保湿トリートメント剤を洗い流した後に行います。

また、乾燥に対処するには、浸透性のある保湿剤が必要です。毛幹に浸透する油はココナッツ オイルだけです。その他の油は髪をコーティングするだけにすぎません。バージン ココナッツ オイルは、日々の保湿剤または水性保湿剤として使用できます。

これらの水性保湿剤を塗布した後、軽油保湿剤を使用して毛幹に水分を封じ込めます。

 

ホット カーリング:

ヘア アイロンやその他の加温器具を使用する前に、髪が適切に保湿されていることを確かめます。アイロンを引き下ろすときに髪をこするような音が聞こえる場合は、髪が乾燥しすぎています。アイロンは下向きに滑らせ、整髪料やヘアスプレーを使わずにカールを形作ります。整髪料は髪を乾燥させて切れ毛の原因となるため、加温器具を使用する前につけないでください。カールは毛束ごとに形成し、カールした部分は乱さないようにします。その後で、軽い仕上げスプレーを全体に (軽く) 吹き付けます。さらに、カールに手を触れずに 5 分以上待ってから、スタイリングします。

 

ブレード、付け毛など:

誤ったブレード、付け毛、かつらの使用は、切れ毛の原因になります。人工毛髪の作成に使用する化学薬品が、髪を傷めることがあります。またこれらの商品を使用すると、ご自身の毛髪に対する意識がおろそかになり、乾燥状態から切れ毛が増えることがあります。特別な機会にかつらを着用する場合は、必ず先に髪を保湿し覆ったうえで、かつらを付けてください。日常的にかつらを着用することはお勧めできません。

付け毛は、人工毛髪を自然の髪になじませるために使用される化学物質が切れ毛の原因になるだけでなく、人工毛髪の取り付けに使用する接着剤が髪を毛根から引っ張ります。これらの商品がどれだけ髪を傷めるかは、いくら強調してもしすぎることはありません。これらの商品は、使用を避けることをお勧めします。

 

黒髪をできるだけ長く伸ばすためには

第 1 に、可能な限り「髪に優しい」ヘアケア アイテムを使用してください。つまり、上記の注意に従って切れ毛を防ぎます。第 2 に、成長期 (成長段階) をできる限り長く維持します (興味深いことに、妊娠中の女性は、すべての髪が成長段階に固定されます。妊娠中の女性の髪が、太く長くなるのはそのためです)。また、髪の成長を阻害する毛髪の問題に対処する必要があります。顕微鏡による毛髪分析を使用すると、見つけにくい問題点も特定できます。

セクション 1: 育毛治療 & シャンプー | セクション 2: 黒い髪の成長 & 製品 | セクション 3: 髪の成長を刺激する方法 | 目次

ニュースレター申し込み